読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに咲いた

古びた村からこそっと思いついた事を書いています

11月22日「いい夫婦の日」には12本のバラ「ダズンローズ」物語

f:id:momoura:20170403173622j:plain 11月22日は何の日かご存知でしょうか?

そうです。「1122」でいい夫婦の日です。

いい夫婦の日

1988年に「夫婦二人の時間を大切にしましょう」という目的で始まりました。

メッセージテーマはいい夫婦の日には「ありがとう」と「愛してる」をバラに込めて贈りましょう。

いい夫婦の日オフィシャルサイト

どうしてバラなの?

バラの花言葉「愛」「美」

バラは世界中で最も愛された花です。そして、花言葉も愛に関係するものが多く存在しているので夫婦の絆のイメージにはぴったりです。

色別花言葉

  • 赤 /「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」
  • ピンク /「しとやか」「上品」「感銘」
  • 白 /「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」
  • 黄 /「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」
  • 青 /「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

 

本数は決まっているの?

本数の決まりなんてありません。気持ちが大切です。

ですが、本数にこだわりたいなと思われたときは、12本/1ダースなんてどうでしょう。

 

12本?どんな意味があるの

昔々、ヨーロッパでの風習で、12本のバラとは「ダズンローズ」の事です。

「ダズンローズ」とは 結婚を申し込むため、女性の家へ向かった男性はその途中で、野に咲くバラを12本摘み、一本一本に誓いを立てました。 男性はその誓いの言葉を12本のバラに託し愛の言葉と共に女性に手渡し生涯変わらぬ永遠の愛を誓いました。 それを受け取った女性はその中から1本を選び、男性の胸に飾りプロポーズの答えとしました。

一本一本に意味があります

「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」という意味が込められています。

普段、言葉では照れくさくて「ありがとう」や「愛してる」何てなかなか言えない方もこの日は日頃の感謝の意を込めてバラの花束を贈ってみてはいかがでしょう

 

どの言葉が好きですか、どの言葉でお贈りしますか。

 

まとめ

面と向かって、「ありがとう」や「愛してる」何てなかなか言えませんよね。でも、言葉に出さないと分からないこともあるかと思いますのでこの日は思い切って言っちゃって見てください(^^;「ありがとう」や「愛してる」と。

まぁ、僕の場合は商売柄バラの花を贈ったらいらないと言われるかも知れませんが(´^ω^;*)

 

何はともあれ、11月22日は「いい夫婦の日」です